スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山 ケニヤン。

photo:01
こちらも某有名ブログでマッチを拝見し、近くのお客さんで商談後に訪問。
photo:02

photo:03

photo:04
ミートスパゲティセット¥800で昼食。

さて、お会計と席を立つと、レジ横にあるアクリルケースにマッチ箱が10個以上並んでいるのが見えました。

意気揚々とマスターに「マッチをいただけますか?」と伺ったところ、毅然とした態度で「もう無いです!(キッパリ)」。

「へ?」
先に実物を目視確認してしまっただけに、この展開はまったくの想定外。

折悪く、自分の後ろに会計待ちのお客さんが並んでしまったので、そのまま店を出てしまいました。

ぐぅ~。
この気持ち、どう抑えたら良いのでしょうか...
スポンサーサイト

米子 大力家族亭。

photo:01
米子駅前はちょっと寂し過ぎる状況で、駅から少し歩いて見つけた焼肉店に。

限定タンシチュー定食。
コーヒー付きで¥850。

期待値以上の内容に満足。

photo:02
「マッチありますか?」
「はい、ありますよ。」の回答に心踊らせたところ、これが出て来ちゃいました。

これも思い出ってことで。

一足お先に。

photo:01

米子の地牛乳で「白バラ牛乳」っていうのを見かけたけれど、キャップはプラスチック製だった。

マッチ箱より先にこちらはもう絶滅しちゃったのかね。

妖菓 目玉おやじ。

すいません。
まだ米子ネタ続きます。

photo:01

photo:02
妖怪食品研究所(何だそれ)で発売されている「妖菓目玉おやじ」。

松江の老舗和菓子屋 彩雲堂で作られた、大真面目な逸品です。

一目玉¥350です!

photo:03
研究所サイトから無断転載。

浦和駅西口前 麦。

photo:01
「麦」といえば本郷三丁目の有名店ですが、こ、これは一体?
photo:02
茶色地に黒文字で読み難いのですが、「浦和駅西口前」と書かれています。
photo:03
本郷麦と並べて。
photo:04
これでまったく無縁のお店だとは思えないよね。

浦和麦のマッチ箱は、印刷した紙をぐるりと貼り付けてある。

さすがに剥がして下地の確認には至っておらず。

昔、浦和に支店があったということなのでしょうか...

門前仲町 ひまわり。

いやね、前述のピコははじめからマッチは無いだろうな~と思っていたわけですよ。

何となく雰囲気で。

そして、実際 無かったと。

で、ピコを出たところ、道の反対側にKEY COFFEE の看板が見えて。

photo:01
これはいかにもな雰囲気!

とりあえず夕食として、しょうが焼き定食をいただきました。

食事中もレジ周りが気になる気になる。

photo:02
会計時、レジ横に立ったところ、筒状の容れ物にマッチがたくさん見えたっ!

「いただいてよろしいですか?」と聞いたところ、「ずいぶん前に作ったものだから、好きなだけ持って行って~」と奥さん。

嬉しかった~ラブラブ!

山本おたふく堂 ふろしきまんじゅう。

photo:01

photo:02

鳥取銘菓。

これも美味い!

買った時は出来たてでフワフワしとりました。

門前仲町 カフェ デザール ピコ。

photo:01

すごく真面目に焙煎に取り組まれているお店。

前から知っていたのだけれど、閉店時間が早くてなかなか行けずにいた。

が、会社近くでコーノ式のドリッパーを売っているお店を検索したらココがヒット。

業務終了とともにダッシュ!

一店舗しかないのに、3号店(笑)

photo:02

ピコブレンド ¥420。

境港 東府屋。

photo:01
境港の水木しげるロードを散策後、駅前の東府屋で昼食。

カニ丼¥1,050也。

photo:02
湿気っているかも...ともらったマッチは、木軸のブック型。
photo:03

鳥取銘菓 打吹公園だんご。

photo:01

photo:02

ぜんまいざむらいが持っていそうな。

一本が10cmにも満たない、可愛いだんご。

photo:03

photo:04

photo:05

目玉親父 ブロンズ像。

photo:01

お持ち帰りして来ました。

境港市のマンホール。

photo:01

何から何までゲゲゲに依存。

米子 CAFE BOOZY'S。

米子は店の閉店時間が早くて、商店街も19時にはほとんどシャッターが降ろされてしまう。

そんな中、ドライカレーが消化されるまで珈琲が飲みたくて、やっと見つけたお店に入る。

iPhoneのバッテリーが切れて、お店の写真撮れず。

photo:01

ドアを開けてまず目に飛び込んで来たのが、カゴに山盛りのマッチ!

仲間内に紹介するので...と言って、いっぱいもらって来ちゃったにひひ

米子 とり料理 さんぽう。

photo:01
業務終了後、喰いしん坊上司が事前チェックしていたとり料理店へ。

まずは、鶏の刺身。
胸肉、モモ肉、ササミ、砂ずり。

モモ肉は絶品!

photo:02
そしてメインの鶏団子鍋へ!
photo:03


photo:04
超満腹になっても、ネットで絶賛されていたドライカレーを。

玉子とカレー粉で炒めた飯の上に、キーマカレー。

吐きそうになりながらも、うまうまで掻き込む。

しばし身動きできず...

千歳船橋 ブレンド コーヒーハウス。

某有名純喫茶ブログに千歳船橋の喫茶店マッチ箱が紹介されており、そのデザインを見て、どうしてもその店に行ってみたくなった。

今日は仕事も早めに終わり現場から直帰だったため、そのまま小田急線に乗り換えてゴー!

photo:01
マッチ仲間の白あずきさんが、千歳船橋駅前の盛りも多くてマッチも置いてあるという「スパザウルス」を紹介されていたので、まずはこちらで腹ごしらえ。

カニのクリームスパゲティ。
¥1,100なり。

photo:02
お腹も膨れたところで、いざ目的の「ブレンド コーヒーハウス」に。
photo:03

photo:04
いや~、このお店、すごくよかった。

photo:05

photo:06

photo:07


小田急線が高架になって駅の雰囲気はずいぶん変わったな~。
(前に隣の祖師ヶ谷大蔵に住んでいた。)

長岡市 パーラーいわさや。

photo:01
まずは東郷青児画『花束』。

photo:02
で、これです。
似非東郷青児マッチ!
photo:03
Oはしコレクションの中の一品です。

手元の花が若干多いのがご愛嬌。

御茶ノ水 穂高。

現代美術シリーズ、本日は串田孫一氏作の「穂高」。
photo:01

photo:02


photo:03
ここは窓側席に座れると御茶ノ水駅構内が見渡せて居心地もいいのだけれど、一人で行くとカウンター席に案内されること多し。

串田孫一氏といえば、静岡の富士宮と伊東に店舗のあるパン屋さんでもデザインが広く採用されているようです。

http://www.edoyapan.com/mag/mag.html
photo:04


♬伊東に行くならハ・ト・ヤ
ではなくエ・ド・ヤ♪

5月の砂場。

photo:01
ちょっと季節的にズレましたが、5月の月替りマッチは「鯉のぼり」でした。



実は今日...

店内に入ってすぐレジ上に並べられたマッチをもらう。

いつもなら店員さんの「いらっしゃ~~~い♪」っていう声があるんだけれど、今日はそれが無し。
(ちゃんとお客さんもいる営業時間中)

ちょっと待っても店員さん現れず。

帰っちゃお~っと。

という訳で、本日はマッチ『のみ』戴いてまいりました。

泥棒?

京都 ソワレ。

photo:01
現代美術シリーズ&東郷青児つながりで「ソワレ」です。

photo:02
ここは今、もう店頭にマッチはないんですよね。

ご近所の「フランソア」みたいに復活してくれる事を希望します。

photo:03
このマッチ箱は「レトロ京都」で購入したもの。

ネットで見た事のあるデザインではなく初見だった。

店主曰く、デザインは何種類かあるようで、これは経年で絵が薄くなった訳ではなく初めからこういう絵だったとの由。
確かに「青児」サインはくっきり。

photo:04

photo:05
知恩院前で天下一品ラーメンを食した後にここでゼリーポンチを。

その結果、激しく腹を下した事も雅なおもひで....

大阪 ビフテキのスエヒロ。

マッチで見る現代美術シリーズ
【棟方志功】の巻。

photo:01
これも某ルートで頂戴したマッチなのですが、どこにもサインらしきものが見当たらず、初めは「なんちゃって棟方?」と思った次第です。

photo:02
ところが本店のHPを確認したところ、スエヒロ初代店主と棟方志功の交友が紹介されており、どうやら、なんちゃってではなく正真正銘棟方作品のようです。

ちょっと古いマッチなので、今も変わらず店頭で入手可能なのかが気になりますね。

巣鴨 スカイ。

昨日の「ピノキオ」の続きになるのですが...

photo:01
ホットケーキだけでは腹が満たされず、何処か軽く何か食べたいな~と。

新板橋から三田線で移動だったため、巣鴨で途中下車、とげぬき地蔵通り入り口近くにある「スカイ」へ!

photo:02
「牛ロース焼肉定食」コーヒー付きで¥800.-。

軽く何かのつもりが、普通に一食喰べてしまいました。

photo:03
マッチをもらうにあたっては、マスターから「特別に」と言われました。
photo:04
この前の府中みたいに、一見客にはなるべく出したくないのかな。

大阪市福島区 ピノキオ。

ディズニーマッチシリーズ、早くも息切れガーン

photo:01
昨日に引き続き「ピノキオ」です。

西からの某ルートを辿って入手しました。

photo:02

photo:03
福島区って何処かと調べたら、大阪なんだね~。

古いマッチで、住所と電話番号で検索してみたけれど、現存はしていないようです。

大山 ピノキオ。

板橋で朝イチの商談が想定外に早く終了。

天気良し。

前からチェックしていた喫茶店まで徒歩15分。

☞行くしかない。

photo:01
という訳で大山にある「ピノキオ」。

photo:02
この店はホットケーキが有名との事で迷わず。
photo:03
どど~んとアップで。


photo:04

photo:05
マッチに描かれたピノキオは、かなり紛い物っぽく...

藤の花 & Cafe Glycine。

photo:01

photo:02
季節ネタでございます。

近所の公園にも藤棚があって、紫の花が咲く頃になるとハッチやらマーヤやらウィリーやらが大挙して飛来し、子供の頃の刷り込みで藤棚=デンジャーゾーンというイメージがあって、なんとなく近寄り難いガーン

このマッチはOはしさんからいただいた中の一品。

「藤の花」と「Cafe Glycine」が同一店舗なのかどうなのか。

住所の表記も、電話番号に市街局番もなく、どこにあったお店なのかもわかりません。

それもまたよろし。

器の小さい男ですから。

photo:01

photo:02

昨夜ご紹介の甲州美味いモノ以前にも、こんなの買い溜めてました。

これからしばらく出張が続くので、ちょっと俺ブームにしちゃおうかな~。



いつかはあなたの住む街へ
行くかも しれません~♫

るるるんるんるん
るるるんるんるん
るるるんるんるんるんる~ん♬

立石 呑み!。

photo:01
まず「ビリケン」で串カツを喰い
photo:02
次に「蘭州」で餃子を喰い
photo:03
締めは「ミツワ」でモツ焼きを喰う。

蘭州でボトルを空けた紹興酒がかなり来てます。

日本航空 機内マッチ。

photo:01

photo:02

photo:03

シャワー浴びて歯を磨いたら眠気が飛んだのと、お友達がこぞってマッチを紹介されてるのに触発され、今宵はもう一発。
(なんか居酒屋チェーン店マッチが自分的にイマイチだったし...)

JALの経木箱マッチ。
昭和30年代の物のようですが、芹沢銈介氏のデザインです!

白あずきさん。
今度こそ間違いなく芹沢銈介作品です。

当時は機内誌のデザインなんかも担当されていたそうです。

同じ物が某所で5千円で売られているのを見ました。
美術品扱いなんでしょうね。

これはオークションで数百円で落札、今日自宅に届いたものです。

マッチで見る現代美術シリーズ。
(シリーズ?)

さかなや道場 浦安店。

自分が担当しているちょっと大きな案件が無事に山を越えたので、今夜はプロジェクトチーム全員 総勢15名でご苦労さん会を開催。
photo:01

基本的に大人数の飲み会ってあんまり好きじゃなくて、どこか気持ちが冷めてしまうのだけれど、今夜はそれなりに楽しかった。

そして酔っ払った。

おやすみなさい。

マッチの神様掴んで放さず。

西葛西 Cafe de Miel。

photo:01
今日は社内の用事で午後から浦安にある支社に行きまして、夕方はそのまま直帰。

帰路、東西線西葛西駅高架下に行けずじまいになっていた喫茶店があるのを思い出し訪問してみたところ、なんとラーメン屋になっていましたショック!

photo:02
またも引っ込みがつかなくなり、場当たり的に店を探し、駅前ビルの2階に喫茶店発見!

アイスコーヒー飲んで一休み。

photo:03

photo:04
マッチも置かれておりました。

葛西~西葛西のあたりはラーメン屋の激戦区になりつつあるようですシラー

阿佐ヶ谷 可否茶館。

昨日の続きで。

府中での仕事が終了後、取引先が車で駅まで送ってくれる事になりまして。

ただ、なぜか先方都合で送り先が府中駅ではなく阿佐ヶ谷駅に。

こちらとしてはかえって不便になるんだけれど、これも何かのキッカケかなと喫茶店を探してみた。

とにかく、座って珈琲が飲みたかったので。

photo:01

そして見つけたのが「可否茶館」。

明治21年開店(場所は上野)の日本で一番古い喫茶店だそうで。

疲れていたので店内写真とか撮ってません。

photo:02

photo:03

期待値以上のマッチがもらえました。


白あずきさんに伺った奈良で一番古い喫茶店は「可否茶座 アカダマ」。

昔は「珈琲」じゃなくて「可否」だったのね。
プロフィール

tomcat84

Author:tomcat84
tomcatの道楽ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。