スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミーナの行進。

photo:01
JUNさんのブログ、「芦屋 竹園旅館」の会で名前が出ていた「ミーナの行進」を読んでみる。

なんか泣きそうになるのは、私の心が荒廃しているからでしょうか...

スポンサーサイト

両国 ちゃんこ巴潟。

今夜は両国の寺尾でちゃんこ新年会です。

寺尾のマッチ箱は以前に紹介済みのため、同じく両国のちゃんこ屋「巴潟」のマッチ箱を。
photo:01
友人のABNMさんが、一昨年の年末に忘年会で利用され、その時のおみやげで頂戴しました。
photo:02
相撲についてはまったく疎いので、力士マニアのLeeさん後の補足はお任せします(笑)

千葉他 銚子丸。

photo:01

回転寿司屋でマッチを常備しているとは珍しい。

ちょびっとランクが上の回転寿司チェーン、銚子丸。

普段はもっぱら「スシロー」か「くら寿司」利用です。

川越 鏡山。

photo:01
純米吟醸 鏡山。

川越散策のおみやげ。

フルーティな香りで美味い!

門前仲町他 くいもの屋わん。

昨晩、会社の相棒と毎週定例の月曜会。

この店でもつ鍋ほかをたらふく喰い、酒を呑んだ。
photo:01

photo:02

わん=椀ね。

厚木に本社のある外食チェーン店。
他の店舗ブランドもあるようだけれど、マッチに書かれているのは「わん」のみ。

ということは、店名毎にマッチがあるのかもしれない。

何気に「エイト」「セブン」に続く数字シリーズとも言える?
(かなりこじつけ[みんな:01]

新中野 純喫茶エイト。

photo:01
もう、このロゴマークにヤられたわけです。

photo:02
新中野駅から徒歩5分くらい。

3年前まで某稽古で毎週通っていた新中野。

懐かしいようなちょっと切ないような...

photo:03
本日のランチおすすめメニューは青椒肉絲でした。

珈琲付きで¥850也。


いい感じにエイジングされたマッチ。
photo:04
photo:05

ロゴマークもしっかり描かれており満足[みんな:01]

五井 マダム・ボンボニール。

photo:01
一昨年の9月に五井で呑みがあった時に、約束の時間まで駅前の洋菓子店でケーキを食べた。
photo:02
イートインコーナーみたいな感じで。

店内のカウンターに置かれていたブックマッチ。
photo:03
白あずきさんからネタ振りいただいた「カフェモカ」と同一デザインで「袖ヶ浦店」との表記あり。

【コーヒーおやじ】は気が付かなかったな~。

photo:04

こちらは同じマッチの裏側。
コーヒーおやじではなく、絵描き歌のコックさんみたいなキャラが。

photo:05

そして蓋裏。
同一経営者のグループ店舗で使われていたものっぽい?

白あずきさんのカフェモカマッチは店舗名もなく、頭薬もオレンジ色...

思うに「カフェモカ」とはフランチャイズコーヒーショップで、白あずきさんのものは汎用マッチ。

自分のは同一オーナーがデザイン使用(FC本部指定とか)で自分が経営する店舗のマッチを作ったとか...じゃないかな。

かなり勝手に推測。

しかも、タイトルの洋菓子店はマッチ蓋裏記載の店舗とは関係なさそう[みんな:01]

それともやっぱり同一オーナーによる経営か?
(マダム・ボンボニールもFCっぽいので。)

京都 セブン。

photo:01
写真に写っている旅ノートの記録を見ると、2008年6月27日に訪問とある。

こちらの前にスマート珈琲店でホットケーキを食べたこと、ブレンドの価格は¥300だったこと、珈琲にチョコレートが2個添えられていたこと等々が書かれている。

photo:02

photo:03

photo:04
「これが無くなったらもうおしまい」と言ってご主人がくれたマッチ箱。

クッキーか何かが入っていたような、平たい缶に並んだマッチ箱は、もうそんなに数が残っていなかったんじゃないかな。

photo:05
その後、人混みを避けるように高山寺へ鳥獣戯画を見に行った。
photo:06
初夏の森の匂いまで思い出せるような気がする。


「セブン」のご主人が昨年にお亡くなりになられ、一時閉店となっていたことを今日知った。

文化を大切にする京都らしく、別の方が一部改装のうえで営業を引き継がれているようだけれど...

なんかちょっと切ないな。




赤坂見附 智慧の木。

先日、同じ課の若造から電話があり、いきなり「喜んでもらえます?」

photo:01

photo:02
そして意気揚々とこのマッチを持ち帰って来てくれた。

喫茶店でマッチ箱を所望する場に彼は何回か一緒にいた事があり、いつか自分を驚かせようと企んでいたらしい[みんな:01]

電話連絡の後に(指写りで)店舗写真まで送られて来た。
photo:03

photo:04

photo:05
喫茶店内で古いカメラの販売も行われているそう。

ありがとう。
本業の仕事もその意気込みでがんばってくれ。

松山 コーヒー&ステーキ坊ちゃん。

一仕事終えてホテルにチェックインするも、なかなか仕事が片付かず、行くつもりだった道後温泉は中止[みんな:01]

photo:01
ホテル近くの「コーヒー&ステーキ 坊ちゃん」で一人夕食。

どど~んと坊ちゃん列車のレプリカが。

photo:02
ガーリックステーキで精をつけにひひ

photo:04

photo:05
ここでもまた魅力的なマッチ箱を入手!

ママさんにこのマッチ箱は何のデザインなんでしょうか?
とお尋ねしましたところ...

photo:03
この夏目漱石全集の表紙なんだそうで[みんな:02]

右から二冊めの上にもマッチ箱が乗ってますね。

店内にはその他にも漱石直筆の手紙等々が展示されており、お好きな方にはたまらないお店なのではないかと。

そういえば、坊ちゃん文中では松山を走る汽車のこと、「マッチ箱のような...」って書かれてたっけ。


因みにマドンナは見当たらず...

松山空港 cafe NO BALL。

photo:01
愛媛出張。

松山空港で取引先と待ち合わせ。

30分程時間があったため、空港内の喫茶店に入った。

「スモーキングカフェ」と銘打っており、マッチの期待もしてみたけれど、見るからに新しい雰囲気のお店でもあるしな~。

店名は松山に所縁のある、正岡子規からのよう。

以下、Wikipediaから引用。
「子規は日本に野球が導入された最初の頃の熱心な選手でもあり、明治22年(1889年)に喀血してやめるまでやっていた。ポジションは捕手であった。自身の幼名である「升(のぼる)」にちなんで、「野球(のぼーる)」という雅号を用いたこともある」


会計は飲み物が運ばれて来た時にテーブルで行うシステムで、店を出る際、店長らしきお兄さんにマッチの有無を尋ねたところ、「ありますよ!(とても元気に)」

photo:02
ちょっと予想以上のブツが出てきた。
(あってもブック型かな?なんて勝手に思い込んでいたので)
photo:03
店舗はここ一店のみのようだけれど、ちゃんとマッチ箱が用意されていたことに感動[みんな:01]

市ヶ谷 カフェモカ。

昨夜、白あずきさんからバトンを受けたカフェモカマッチ。

五井駅前のマダム・ボンボニールとの関連は謎のままですが、袖ヶ浦店は今も営業中のようです。

食べログで、コーヒーおやじが書かれた紙ナプキン等が紹介されてました。

美人ケアマネのじゅごん姐さんもご利用になられているそうです。
(しかも店員のおねいさんは粒ぞろいらしい)[みんな:01]



と、これで終了~のはずが、何か違和感が...[みんな:02]

そこで、もう収拾がつかなくなってる蒐集品をガサゴソ。

photo:01
で、出た...

白あずきさんの画像と同じものが...

画像にはありませんが、頭薬もオレンジ色だし。

photo:02
差違は「市ヶ谷店」との表記があること。

都内にも店舗があったという事が実証されましたよ。
(ますます複雑に)

松山空港 鯛めし。

photo:01

午前中に東京へ戻るため今朝は早起き。

朝ご飯は空港ベンチでお弁当。

羽田空港第2ターミナル。

photo:01
これより愛媛まで出張に。
photo:02

赤羽 珈琲 梅の木。

以前にLeeさんがブログで古いマッチを紹介されていた、赤羽の梅の木。
photo:02
(勝手に転載)

今日、仕事で浮間舟渡に行く用事ができたため、ちょっと途中下車して寄ってみた。

photo:01
赤羽駅東口を出てすぐ。

窓の外に見えるのが赤羽駅というロケーション。

昔からある(1945年開店)老舗の喫茶店のようです。

で、最大の関心事。
「今もマッチがあるのか?」

会計時に聞いてもたところ、これが!

Leeさんが紹介されていたマッチと、基本的なデザインは変わらず、「箱」から「ブック型」に変化を遂げていた。
photo:04

photo:07

「優秀ナ珈琲ヲ御好ミニ依リ 
ストレートデ ミックスデ」も健在[みんな:03]

店員のお兄ちゃんが渡してくれる際、ご丁寧に中を開いて「電話番号はここに書いてあります。」と。

photo:06
その時に思いっきり表紙(というのか?)に折り目が入ってしまいましたが...[みんな:02]

photo:03
すぐ近くに「梅の木 新館」もあって、本館より外観の雰囲気は良さげ。
(本館の写真、撮り忘れ[みんな:01]

アイラブ。

photo:01



大好きです。

千日前 アメリカン。

個人的に寒いのは本当に苦手なんだけれど、冬の夜空は大好きです。

今夜も月が綺麗だった。

photo:01
photo:02
星空にちなんで、昔のアメリカンマッチ。

photo:03
因みに現行マッチはこちらです。

photo:04
今もメニューには星印の意匠が。

横浜中華街 福満園。

photo:01
龍マッチで盛り上がり中の中華料理屋さんネタで一つ。

昨年、横浜中華街の「福満園」というお店で昼メシを食べた。

下調べナシ、勘で飛び込み。
レバニラ炒めなんか食べちゃったりして[みんな:01]

それほど期待もないまま、お約束のノリで会計時にマッチを尋ねると、「マッチデスカ、チョトマテテクダサイ。」と店員さん。

なになに?
マッチあるんだ[みんな:02]
と待つことしばし。

photo:02
photo:03
photo:04
ど~ん!

お店とはまったく関係ないマッチ箱が出てきたよ[みんな:03]

でも、何となく時代モノのようで、逆に嬉しかった事を思い出した[みんな:04]

江戸川橋 三六飯店。

辰年マッチということで。

photo:01
(裏表同一柄)
江戸川橋駅近くにあったらしい北京料理屋さん。

辰=龍というと、やはり中華なイメージ?

photo:02
この住所で検索してみたけれど、今は喫茶店になっているようです。

その名も喫茶ゴンドラ。
(あくまでもネットでの検索結果で、直接確認には至っておりませんが...)

ドラゴン転じてゴンドラに[みんな:01][みんな:02]

田原町 純喫茶 寿。

お年賀ネタということで、おめでたい店名「寿」のちょっと昔のマッチ箱。

photo:01

photo:02

photo:03
住所の表記はなく「地下鉄 田原町駅前」と書かれている。

こちらはいただき物マッチのため、東京メトロ銀座線の田原町駅付近で「寿」という喫茶店を検索してみたところ、「寿花(読みは【ことぶき】のまま)」という店名になり今も営業を続けている模様。

店名由来は住所(寿町2-10-11)からと思われ。

このマッチ持って、今度訪ねてみようか。

新宿 今佐。

白あずきさんのマッチブログで、初夢 一,富士 二,鷹マッチが紹介されており、三,茄子びはお持ちで無いとのことで、「あれ?自分、茄子柄マッチ持ってたような気がする...」と思い、ガサゴソと所持品を漁ったところこれが!

photo:01

っていうか、茄子じゃないし。

色も紫じゃないし。

photo:02

ここまで記憶が曖昧になってきていることに、我ながらちょっと驚き~。

新宿に本部のある、飲食グループ店のマッチ箱。

いただき物のため、今もマッチ箱があるのかは不明です。

因みに、「茄子」「マッチ箱」で検索してみたらこんな画像が....
photo:03

世田谷 豪徳寺。

photo:01
小田急線豪徳寺駅前に鎮座する招き猫。

photo:02
駅から歩いて10分程で豪徳寺に。

photo:03
「招福猫児(まねぎねこ)」。
にゃぁにゃぁにゃぁにゃぁ!

門前仲町 江戸っ子ラーメン。

公共系のユーザー対応のため、会社の仕事始めより一日前倒しで出勤。

なんて仕事熱心な自分[みんな:01]

photo:01
会社近くの飲食店はまだ休みのところが多く、普段行かないラーメン屋で昼メシ。

あさり入り深川ラーメン、¥800。

かなり微妙な味だった。
おそらく再訪は無いな。

新潟銘醸 越の寒中梅。

photo:01
これより初飲み。

謹賀新年。

photo:02
0時に一陽来復をお祭り。

photo:03
TDRの花火が上がる。

photo:01
近所の神社にお参り。

今年もよろしくお願い申し上げます。
プロフィール

tomcat84

Author:tomcat84
tomcatの道楽ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。