スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両国 HORN。

雪の中、両国まで商談に行きまして、道中見つけた「超怪しい」喫茶店HORNに突入。



ここで味わった感動をうまく説明できる語彙の持ち合わせがありません。

興味を持たれた方は是非行ってみて!



訪問の際には階段ではなく、エレベーターを使って入店して下さい。

何が驚いたって、先客がいたこと。
(なぜそう思ったかも、現地に行ってもらえばわかると思うんだけれど。)

その他、「アイスコーヒーしか出来ない」(外は雪です。)、「エアコンから冷風が出始める」(だから外は雪だってば。)、「あと10分で閉めたいんですけど...」(手元の時計は14:40)等々、シュールなひとときを過ごしました



コーヒー(¥350)は「待つ!」という条件でホットを淹れてもらいましたよ。

作り置きが切れた=アイスコーヒーしか出せないという意味だった模様。



残念ながらマッチはなく、代わりにコースターをもらってきました。

このデザインのマッチがあったらな~。


おばあちゃんが超~マイペースで接客してます。
スポンサーサイト

新橋 バイオレット。

前述の「パーラーキムラヤ」リベンジ成功に気を良くし、エムケイさん他からもオススメをいただいていた「バイオレット」にハシゴ。



訪問された皆さんがママさんのお人柄について述べられていますが、自分が入店すると「寒いからこちらにどうぞ」とストーブに火を入れ、その前の席に座らせてくれたり、朝刊を差し出してくれたりと嬉しいご配慮。


ブレンドは¥400。

「実は...」と、マッチを集めていること、友人やネット上でママさんが評判なこと等を話すと、「承知いたしました」とママさん。






2種類のマッチをいただきました。

その他いろいろと話しもはずみ、やっぱりオススメのお店です。

この後も「マッチ仲間が伺うの思うので、よろしくお願いします」と伝えておきました。(笑)



店を出る時、自分の年齢の話に...

歳を伝えると、とても大きな声で「え~?嘘でしょ?」
「そんな歳に全然見えないわよ、もっともっと若いと思ってたわ!」

嬉しい気分になりたい方は、ぜひ新橋のバイオレットへ!

新橋 パーラーキムラヤ。

12月にもマッチ箱目当てで一度訪問している「パーラーキムラヤ」

その日は「ありません。」と言われ、その他3連敗という、絶不調デーだったっけ。



テラコリさんからの情報で、2月上旬にマッチをもらうことが出来たと聞いて、リベンジ決行。



モーニング¥480。

会計時にマッチの所在を尋ねると、二代目店主(常連さんとの会話から推測)がストッカー上から年季の入った紙箱を取り出し...







無事リベンジを果たすことが出来ました。

聞くタイミングで「ない」と言われることがある...

ちょっと険しいマッチ道...

名古屋 ichi。

photo:01

photo:02

photo:03


ichi。

いち。

数字の「1」。

NO1にならなくてもいい、
もともと特別なOnlyOne。

本当にそんなふうに思えたら。

ちっちゃいもの倶楽部(久々)

photo:01
愛媛といえばタルト。

タルトといえば一六本舗?

道後温泉本館前の店舗で購入。


photo:02
Leeさんにもらってたローソンのロールケーキもあわせてご紹介しときます。

コンビニスイーツはローソンがピカイチなんでしょうかね。

周りでもローソンのロールケーキ大好きという声をよく聞くな~。

高知空港にて。

photo:03
手荷物検査のゲートに入る前、制限の数を超えるライターや、危険物扱いのハサミなんかを持ち込み放棄(つまりは捨てるわけね)するアクリルの箱がある。

昔、鞄の中にタバコのオマケで付いてきたライターとかが入っているのを忘れていて、その箱に放棄(つまりは捨てたわけね)したこともあったっけ。

で、高知空港で何気なくその箱を見ると....

なんといろんな飲食店やホテルのマッチが持ち込み放棄されていたわけですよ[みんな:01]

photo:01
photo:02
ちょっと興奮して、とりあえず掴めるだけ掴んでコートのポケットに突っ込んだ。

これでも、ビジネスホテルのブックマッチなんかは対象からはずしたんだけれど[みんな:02]

身につけておけば、金属探知機も反応せず。
鞄だとX線で見つけられちゃうから。
(本当はいけないことです。)

でも、この箱があるのは手荷物検査のゲートに入る前だから、必ずしも飛行機に乗らなくとも同じことはできるはず。

総括[みんな:03]
「地方空港の危険物回収箱には、地元の飲食店やホテルのマッチが集まってくるっ!」


え~、自己責任でひとつよろしく。

高松 もり家。

photo:01
せっかく四国に来たのであれば、うどんを喰うためだけに高松へ行こう!と。

食べログで高評価だった「もり家」をロックオン。

photo:02
口コミによると、食べるのに体力が必要(な程コシが強い)らしく、期待値が上がる上がる。

かき揚げ(デカイ)うどん(二玉)¥700.-。

結果...

まったくコシがなく、は◯まるうどんの方が美味いかも。

かき揚げもデカ過ぎて胃もたれ。

高松...失敗。

松山 中野本舗。

photo:01
松山市内の大街道というアーケード街で発見した和菓子屋さん。

店名より「薄墨羊羹」という商品名が全面に。

photo:02
薄墨羊羹の名前は松山市下伊台の西法寺にある名桜『薄墨桜』に因んで命名したもので、中に散らした白い豆が薄暮に舞う桜の花びらを表したものです。
厳選した原材料を使用し、昔から伝わる伝統の味を守り続けている一品です。
(中野本舗HPより)

1847年(明治8年)から作り続けられている、松山を代表する銘菓との由。

photo:03
薄墨羊羹を購入したところ、こんなおもてなしまで受けてしまいました。

photo:07
「老舗和菓子屋にはマッチ箱がある」論を実証。

黒地にピンクは映えますね。

photo:05
photo:06

高知 クメヤ。

先にご紹介した「白い館」。
ここはちょっと早起きして一人(今回は3名で出張)で出かけた。

この日の集合時間は10:00。
ホテルロビーで合流した二人から発せられた言葉は「朝メシ食いに行こう!」[みんな:01]

ということで帯屋町というアーケード街にある「クメヤ」でモーニング(のハシゴ)に。

なぜか店外写真、料理写真は撮ってません。

入店してすぐに、レジ近くの小箱の中に使い捨てライターと、無地の白箱マッチが整列しているのが見えた。

広末涼子のサイン色紙などを眺めながら食事終え、先程のマッチが入った箱をよく見るとこれが。

photo:01

photo:02

photo:03

相当古そうだけれど、箱の隅に2個だけ残ってました。

高知 白い館。

photo:01
高知の宿泊先ホテル(マッチなし)近くの喫茶店でモーニングを。

photo:02
トーストモーニング¥500。

photo:03
photo:04
photo:05
ちょっと年季の入ったお店でした。

ママさんにマッチを尋ねると、「ちょっと待ってね。」

そう言って戸棚を開けようとしたところ取っ手が抜けました(笑)

まぁ、無事に戸も開きマッチ箱入手です。

道後温泉 味倉。

photo:01
今夜も道後温泉に泊まっております。

レトロな雰囲気の伊予鉄道 道後温泉駅。

photo:02
駅前アーケード街で、瀬戸内料理屋に入店。

鯛めしが看板メニューのようなのですが、わたくし昼メシが鯛めしだったため、夕飯は穴子天丼で。

photo:03
photo:04

ピンクのマッチ箱発見。

このデザイン見ちゃうと、やっぱり鯛めしを喰うべきだったかな...と。

道後温泉 ホテル八千代。

出張で愛媛 松山に来ています。

photo:01
道後温泉 本館。

photo:02
宿泊先ホテルの部屋。
今回の出張は温泉旅館(和室)にしてみました。

一人じゃ広すぎ!(笑)

photo:03
温泉旅館にはありますね!

高知ぜよ。

photo:01
龍馬像ぜよ。

photo:02
photo:03
photo:04
桂浜ぜよ。

photo:05
鰹のタタキぜよ。

photo:06
自分で持ち帰る分、目の前で焼き入れてもらったぜよ。

ぜよぜよ。

PIERRE MARCOLINI。

photo:01

去年から続いているプロジェクトのチームメンバーKちゃんからいただきました。

実物は速攻一気喰いしてしまったため、画像はネットから。

(一応、見栄でね)

バレンタイン・キッス。

自分は国生より福永がお気に入りでした。

会員番号11番ね。

photo:01

眠れない夜に。

photo:01

何を想う。

倉敷 倉敷うめ酒。

昨年の11月に広島~岡山~愛媛~広島と出張した際、移動の途中で立ち寄った倉敷の美観地区にある地酒屋で購入。
photo:01
時間は既に19時過ぎ。

店仕舞い直後、元警察官の同僚が躊躇なく入口扉を開け...

photo:02
柄にもなく二人で同じ梅酒を購入。

そのまま放置され数ヶ月。

photo:03
何となく甘い酒で酔いたい日もあったりして。

浅草 アモール。

photo:01
浅草リストの更新をお願いします。
のアモール。

photo:02
先週の土曜日、20時過ぎに入店。

目の前にある居酒屋から、サラリーマン風の数人が泥酔状態で出て来て、そのうちの一人がばったりと倒れた。

他の連中はその状況に始め大爆笑していたんだけれど、いよいよ洒落にならない事態に陥ったようで、救急車が呼ばれ搬送されて行きました。

photo:03
そんな強烈な光景が記憶に残っており、何だかよくわからない夜に(笑)

営業時間の表記がなかったので、何時まで営業しているのか不明。

先客は「泣き止まない赤ん坊を抱いた男性」、「芸能人の宗教活動について激論を交わす40代くらいのカップル」。
そして窓の外には救急車。

シュールなひととき...

マッチはありました。
photo:04

ありましたがこれです。

ブック型の無地マッチは結構もらったことがあるんだけれど、無地箱は何気に初体験。

本八幡 るぴなす。

photo:01
本八幡駅南口を出てメガドンキを過ぎて路地に入る。

事前情報がないと、ここに喫茶店があるなんて気が付かないよね。

photo:02
土曜日も営業されてるかが不明のまま、運試し的に来てみたけれど、営業中のようで一安心。

ただ、店内には明かりが灯いているのに、ドアには鍵がかかっている。

中を覗き込むと反対側にもドアがあるのが見えて、そちらに回ってみた。
photo:03
こちらが正面なのね。

気を取り直してドアに手をかけるも、なんとこちらも施錠中。

え~!?
っと思っていたところ、先程の裏口ドアの鍵を開けて入ってくるマスター。

すぐに正面入口ドアも開けてくれ、無事入店。
(店舗と住居が一緒のようで、お客さんがいないから自宅に戻っていた模様。

photo:04
ホットサンドセット¥700。
photo:05
数ある組み合わせから、「ハムとタマゴ」を選んでみた。

photo:09

photo:06
マッチは他の方がブログで紹介されていたのだけれど、「もう営業していないお店まで書かれているので...」と、渡し渋るマスター。

人の良さそうな方ですが、手広くヤられていたようねにひひ

結局、一ついただいてしまったんだけれど。

photo:08
Leeさんに難解な「国電」表記[みんな:01]

京都 前田珈琲 明倫店。

先日、京都を旅されて、明倫店に行かれたにもかかわらず見落とした...というLeeさん

同店で飾られていた歴代マッチデザインをご紹介します。

photo:01

photo:02
携帯で撮った写真だから、画質が悪くてスミマセン。

撮影してる自分も映り込んでるし[みんな:01]

ミーナの行進 完読。(学会員課題図書)

photo:01

途中までは「これジブリで映画化してくれへんかな...」(タイトルもジブリ映画の不文律『○○の○○』やし)なんて思ったんやけど、後半でちょこっとお子様には不適切な内容が出てきよって、最後はやっぱり涙ぐんでしまうお話しやったね。

マッチ学会の名前、「フレッシー」なんてどうやろ?

もしくは「水曜日の配達の青年」。

というわけで、是非読んでみて欲しい物語やね。

銀座 You。

本日、銀座で同行していたKちゃんから、お昼にオムライスが食べたいとの申し入れがあり、それならばココ!とYOUへ。
photo:01
ふわふわ、
photo:02
ぷきゃっ!

バターと生クリーム風味のトロトロオムライス。

うま~。

photo:03

photo:04
現在の場所に移転してからもらったブックマッチ。

photo:05
旧店舗時代にもらったショップカード。

同デザインのマッチ箱があったようだけれど未入手。

ショップカードで満足してしまっていたあの頃を後悔...

人形町 ワコー。

photo:01
人形町交差点、「ロン」の向かい側にあった(一時的に過去形)カフェテラス ワコー。

この地で40年に亘り営業を続けていたけれど、ビルの老朽化のため昨年の4月から改装工事中。

photo:02
ワコーと云へば、このペッカペカのホットケーキ。

店の一角には宝くじ売り場が併設されていたりと、独特な雰囲気のお店だった。

photo:03
店名英語表記の頭文字「W」を林檎に見たてたロゴマーク。

photo:04
老舗喫茶らしく、ストロー袋や紙ナプキンにも同じマークが描かれていた。

photo:05
市街局番も4桁仕様なので、新装開店の後も変わらず常備されるといいですね。

カフェテラス ワコー。

今年の9月に新装開店だそうです。

渋谷 人間関係。

photo:01

photo:02

photo:03

店名もロゴマークのピエロも、今の自分にはお誂え向き。

西船橋 グレース。

西船橋駅の南口階段を降りると、目の前にあるグレース。

昭和な雰囲気を漂わせながら、窓も大きく店内は明るい。

photo:01
ランチの「高菜スパ」。

何となくマッチがありそうなお店だな~

の読み的中でレジ横ご自由に。
photo:02

京都 イノダコーヒ。

一昨年の冬、京都マッチ収集弾丸トラベラーを実施した際、宿題を一つ残してしまっていた。


最後に立ち寄った「レトロ京都」にて、自分がイノダのマッチ箱を探していることを店主さんに伝えたところ、今度来るまでに用意しておくからと約束してくれた。

「今度」がいつになるのか、まったく決まってもいないのに[みんな:01]

そして先日、京都を旅したLeeさんがレトロ京都を訪ねたところ、なぜこの店を知ったのかと店主さんに聞かれ、自分の話しをしたところ、本当にイノダマッチを用意していてくれたそうです。

photo:01

photo:02

photo:03


これでやっと弾丸トラベラーも終幕。

しばらくは京都訪問もなくなるでしょうか...




プロフィール

tomcat84

Author:tomcat84
tomcatの道楽ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。