スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野毛 すきずき。



前にも名前の上がっている同僚のMKN氏。

その後も幾つかのマッチをもらっておきながら、紹介に至っておりませんでした。



最近はお互いに忙しく、社内で言葉を交わすことも少ないのだけれど。

今日、久しぶりに顔を合わせた瞬間、すかさずこのマッチ箱を差し出してくれた。



MKN氏といえば...の、野毛入手だそうです。
スポンサーサイト

上野桜木 愛玉子。



ず~っと気になっていた愛玉子。



やっと食することができました。



そして、朽ちてしまいそうなマッチを記録しておきます。



すぐ近くにある東京藝大の学生がデザインしたのかな...

墨田区 BarBerすずき。



6歳まで住んでいた墨田区で親父と一緒に通っていた床屋さん。



東武鉄道亀戸線の踏切近くにあったお店と記憶している。

自分が髪を切ってもらっている時、椅子を回して踏切を通るクリーム色の電車が見えるようにしてくれた。



今思えば、子供をじっとさせておく手段だったのだろうけれど。

特別扱いしてもらえているようでいつも上機嫌だった。

蔵王温泉 やなぎや。

親父の山形マッチシリーズ。



山形のお土産といえば、花笠、こけし。

こちらのお店は現在も営業中。



裏面に書かれた「稲花餅(いがもち)」。☞



あ~、なんか記憶の片隅にこのビジュアル残ってる...
(すっかり忘れてたけど)



このマッチ箱を持って、稲花餅を食べに蔵王を訪問するっていうのもいいかもしれない。

もうすぐサクランボのシーズンだし。

母の実家はサクランボ農家で、「佐藤錦」がお高い逸品だと知ったのはずいぶん大きくなってから。

じいちゃんばあちゃんに「好ぎなだげ食"っでげ」って言われてたから。

上山 一竿釣具店。

引き続き親父のマッチコレクションから。



親父の実家がある上山市。

今でこそ山形新幹線を利用して、東京から日帰りも可能なエリアとなりましたが、数十年前、両親の帰省は決まって上野駅から夜行列車に乗るのがお約束でした。



葡萄農家だった父の実家。

小さい自分には退屈なところだったな。



店名で検索してもヒットせず。

昔はあらゆる業種のお店で、マッチが用意されていたんですね。

左沢 若宮やな。

親父のマッチシリーズ。



左沢は「あてらざわ」と読みます。

「やな」って?
と調べてみて、Wikipediaでこの画像を見た瞬間...→

小さい頃、見たことがある風景を思い出しました。

川の水流が激しく恐くて、橋が渡れなかったっけ。

親父とじいちゃん(母方の)と一緒だった。
(左沢は母の実家がある寒河江市近く)



「マッチ箱の中には、マッチ棒と一緒に忘れられた思い出も詰まっている。」

ううむ、名言だ(笑)

山形 高橋魚店。

今宵も親父コレクションから。



親父の出身地である上山市の近くに、調べてみると同じ名前の魚仕出し屋があるのですが、電話番号がまったく違うし護国神社もなし。



対して、書かれている地酒の「東養老(あずまようろう)」がなかなか見つけられず。



数十年の流れを感じてしまうなぁ。

蔵王温泉 昭栄舘。

4月末、親父の命日でした。

実家に帰った際、その親父が集めていたマッチがまた発掘されたので、数回に亘り追悼記事(笑)を。



蔵王温泉。

山形県上山市出身の父は東京で職人となり、同じく山形県の寒河江市出身の母と東京で知り合い、結婚に至ります。

なので、自分が小さい頃から山形にはよく連れて行ってもらいました。



ここも宿泊したわけではなく、立ち寄り湯で訪問したのではないかと思われます。

ネットで調べたところ、現役営業中でした。



ヘビースモーカーだった父なので、マッチは必需品だったのでしょうが。

蒐集癖は「血」かな
プロフィール

tomcat84

Author:tomcat84
tomcatの道楽ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。