スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕焼け。


いま、喰いにゆきます。-yuuyake2

夕焼け 吉野弘

いつものことだが
電車は満員だった。
そして
いつものことだが
若者と娘が腰をおろし
としよりが立っていた。
うつむいていた娘が立って
としよりに席をゆずった。
そそくさととしよりが坐った。
礼も言わずにとしよりは次の駅で降りた。
娘は坐った。
別のとしよりが娘の前に
横あいから押されてきた。
娘はうつむいた。
しかし
又立って
席を
そのとしよりにゆずった。
としよりは次の駅で礼を言って降りた。
娘は坐った。
二度あることは と言う通り
別のとしよりが娘の前に
押し出された。
可哀想に
娘はうつむいて
そして今度は席を立たなかった。
次の駅も
次の駅も
下唇をキュッと噛んで
身体をこわばらせて――。
僕は電車を降りた。
固くなってうつむいて
娘はどこまで行ったろう。
やさしい心の持主は
いつでもどこでも
われにもあらず受難者となる。
何故って
やさしい心の持主は
他人のつらさを自分のつらさのように
感じるから。
やさしい心に責められながら
娘はどこまでゆけるだろう。
下唇を噛んで
つらい気持ちで
美しい夕焼けも見ないで。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

6 ■Re:わろたな~~

>すももさん

50回は、ちと多過ぎやしませんか?

5 ■わろたな~~

そうそう、クラムボンは「やまなし」でした

これって何度も忘れてしまう題名です
いっそのこと「クラムボン」にしてくれればいいのに~~

お弁当、1口50回噛んで食べてね~

4 ■Re:クラムボンは笑ったよ。

>すももさん

正確には宮沢賢治の「やまなし」ですね。

今自分がいるのは山梨...

3 ■クラムボン

国語の教科書にはなかったな~

教科書に載ってたのは宮沢賢治の「クラムボン」でした(教科書は県によっても違うし)

クラムボンも好きだった
岩手の友達に「クラムボン知ってる?」って聞くと「喫茶店?」って言われます
有名な喫茶店だそうです
いいマッチがあるかもしれませんよ(予想)

2 ■Re:これ知ってる!

>すももさん

間違いでなければ、国語の教科書に載っていたはず。

読み方によっていろんな解釈ができる詩ですよね。

1 ■これ知ってる!

この詩、知ってます

私が中学生の時に読んでた本に書いてたと思う

今の子って詩なんて読むのかな?

他には宮沢賢治や中原中也、萩原朔太郎なんて人も載ってたな~懐かしいです。
プロフィール

tomcat84

Author:tomcat84
tomcatの道楽ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。