スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出航。

ひとつ また ひとつ 港を出て行く船
別れのしるしに 俺の影 置いてゆく
自由だけを 追いかける
孤独と引き替えにして
おまえの匂いは 記憶の彩りだけど
生きてゆく道連れは 夜明けの風さ

古い石畳 過ぎゆく時を見てる
どんな恋だって 色あせ崩れゆく
いつの日か この俺も
生命尽き果てるなら
あの雲にまかせて 遥かに彷徨い歩く
生きてゆく道連れは
夜明けの風さ
そうさ 夜明けの風さ
蒼い 夜明けの風さ



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2 ■これは・・・

>Leeさん

寺尾聡です。

男として、ちょっとこんな歌詞にロマンを感じてしまったりしちゃうわけです。

しかし、姉妹がこれを歌うって渋すぎ(笑)

1 ■これは・・・

寺尾聡ですね!

子供の頃、妹と歌っていました。
(意味も分らず)
渋い姉妹です(^^)
プロフィール

tomcat84

Author:tomcat84
tomcatの道楽ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。