スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山 中野本舗。

photo:01
松山市内の大街道というアーケード街で発見した和菓子屋さん。

店名より「薄墨羊羹」という商品名が全面に。

photo:02
薄墨羊羹の名前は松山市下伊台の西法寺にある名桜『薄墨桜』に因んで命名したもので、中に散らした白い豆が薄暮に舞う桜の花びらを表したものです。
厳選した原材料を使用し、昔から伝わる伝統の味を守り続けている一品です。
(中野本舗HPより)

1847年(明治8年)から作り続けられている、松山を代表する銘菓との由。

photo:03
薄墨羊羹を購入したところ、こんなおもてなしまで受けてしまいました。

photo:07
「老舗和菓子屋にはマッチ箱がある」論を実証。

黒地にピンクは映えますね。

photo:05
photo:06

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

6 ■>白あずきⅡさん

老研饅頭とは知らなんだな~。

今回はちょっと前準備悪すぎました。

5 ■無題

薄墨羊羹大好きで、松山に行ったときもわざわざお店に行ったのに・・・
当時はマッチに無関心でして、惜しいことをしたな~。
「老研饅頭」は食べました?

4 ■Re:薄墨羊羹!

>Leeさん

喫茶店マッチ不足な新潟も、老舗和菓子屋を狙ってみてくださいね。

羊羹は手で持ちかぶりつきです。

3 ■Re:松山は

>JUNさん

浴衣の柄にしたら可愛くないですかね。

箱根の湯もちで有名な「ちもと」のマッチ箱もアップしてますのでご覧下さい。

2 ■薄墨羊羹!

風流なお名前ですね☆
マッチ箱のデザインが、イメージ通りで素敵!

羊羹、大好物です。
冬のボーナスで柏崎の新野屋の黒羊羹を買ったワタクシです^^

1 ■松山は

やっぱりマッチの宝庫!
桜の時期には桜デザインのマッチかしら、と
ぼんやり考えていただけに、すごい一品を見せていただいた感じです(^-^)v
黒地にピンクの桜、そして黒軸ですものね~
老舗らしい心使い、嬉しいですね!
プロフィール

tomcat84

Author:tomcat84
tomcatの道楽ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。