スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本橋蠣殻町 ポニー。

ずいぶん前に「つづく」と書いた、ハンモックの道を挟んで反対側にある喫茶店。

そのままハンモックからハシゴです。



看板下には、何やら神戸の老舗喫茶店と同じような絵柄が。



灰皿にも。





コーヒーを飲み終えて、会計時にママさんへマッチの所在をお尋ねすると、「古くて使えないものしかないんですよ」と。

「そういうのが嬉しいんです」と応えたところ、こちらが切なくなる程に恐縮されていらっしゃいました。



「最近はタバコを吸われるお客様も少なくなったので、もう作るのもやめてしまって...」

やはり喫煙率の低下も、喫茶店マッチが減少する理由なのね。

「喫茶店のマッチを集めています」「でも喫茶店でタバコを吸われるのは嫌です」とか言っちゃう人。
矛盾してますよ!

ホノルル OTOOLES。

もうずいぶん経ってしまったけれど、11月の末に会社の褒賞旅行でハワイに行って来た。

ただでさえ物価が高いホノルルで、さらに円安打撃もあり、何か安くて美味いものを...と足はダウンタウンに向かう。

そこで入手したOTOOLESのマッチ箱。





ダウンタウンにあるアイリッシュパブ。



ダウンタウンは昼どころか、朝から酔っ払いがウロウロしているようなエリアもあり、なかなか刺激的で楽しかったです。

上野 リーム。

マッチ学会員の白あずきさんにマッチの所在を教えてもらった上野のリーム。

上野丸井のビルと一体化されている喫茶店で、なんとなく新しい店=マッチは無いという思い込みでいた。



でも、元京成百貨店が上野丸井として営業を始めてからもすでに30年が経過しており、決して新しいお店という括りではないということにいま気付いたりして。



禁煙席よりも喫煙席の方が多く、マッチ需要も高いのでしょう。



ちなみに店名の意味とは違うでしょうが、「REAM」という単語、米俗語で「だます」「カモにする」という意味もあるそう。

世の中、卑怯者が多いので、皆さんカモにされないように注意しましょうね。

京都 進々堂。



京都の古い喫茶店に憧れて、出町柳駅から歩いて向かった進々堂。

もう10年以上前の話し。

店内は確か禁煙だったし、当時はマッチ収集にも興味がなかったので、その後「マッチを求めて」京都の喫茶店を何店か訪問したときもここはスルーしていた。

噂通り、地元の方々に愛され続けている感もビシビシ伝わってきて、自分のような余所者はちょっと居心地が悪かった気もする。


そんな進々堂のマッチ箱。



先日行なわれた日本マッチ学会の例会にて、白あずきさんから頂戴しました。



行ったことがあるのにマッチを持っていない...
これって結構ムズムズするんだけれど、おかげさまで補完することができました。

そして今気付いたこと。
マッチ箱にもデザインされ、看板にも描かれている不思議な雰囲気のキャラ...
これは何なんでしょう?

日本橋小網町 喫茶室ハンモック。

今日は午後から、茅場町にあるITベンダー主催のセミナーに参加してきました。

自宅から30分の茅場町へ、自宅から一旦1時間半かけて横浜の会社に出社した後、1時間かけて向かいました。



セミナーは午後からだったので、まずは桃乳舎でお昼を食べ、すぐ近くにある喫茶室ハンモックへ。



看板が表通りに出ておらず、営業しているか半信半疑でビル2Fの店内へ。

意外にも近所の会社に勤めるサラリーマンで賑わっておりました。





お会計時にマッチの有無をママさんに尋ねると、一瞬「え?」という表情の後、「あるわよ、あるのよマッチ」「もう古くて点かないわよ」と言いながら、このブックマッチを2つ手渡してくれました。



頭薬も外と同じく黄色。

あ~、なんか毎日こんなやり取りをしてたっけな~と、忘れかけていた想ひに胸が高まりました。

つづく(笑)

プロフィール

tomcat84

Author:tomcat84
tomcatの道楽ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。